2006年12月10日

アーメン・ハレルヤ・ピーナッツバター

起きたら午後。
んでゲーム、アニメの休日リズムが定着しつつある今日のこのごろ。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。


光る音です。


ついこの前の「よつばと!ひめくりカレンダー」より。


061206_234908_M.jpg

とーちゃんがトグサに見えるような見えないようなw



っとまあ、マフィアなわけです。
そこから連想させて、今日はブラックラグーンの話を。
black_000003.jpg

アニメは今年から放映。今2クール目。
最初はなんだかとっつきにくかったものの、
後の流暢なストーリーに惹かれて。

というのも独特の言い回しが多いんです。

会話中の比喩は7割ぐらいわからないんじゃないかな・・・(ラノベには絶対できない・・・と思う

その言い回しとかその効果が、アニメ全体を引き立てているのは否めませんけど。

登場人物は、

どこにでもいるようなサラリーマンから開花(?
いわゆる悪党に肩入れするようになったけど、
意外にも自分の主義を貫き通す日本男児。
black_000001.jpg
岡島緑郎ことロック。


子供のころからずっとこんな感じ・・・
金のためなら人を殺す。
2丁拳銃と呼ばれたアメリカンチャイニーズガール。
black_000004.jpg
レヴィ。


彼のことを「タフで知的で変人」とベニー。
雇用主らしく優しく振舞うこともしばしば。
ロアナプラでは名高いラグーン商会のボス。
black_000002.jpg
ダッチ


どことなくロックと同じ匂いのするホワイト。
凄腕ハッカーで影ながらバックアップ。
black_000000.jpg
ベニー


あらすじとしては、
ロックは、仕事の不手際で会社から表向き死亡とされてしまう。
その時何かが吹っ切れた。
それからロアナプラにあるラグーン商会のレヴィに誘われて、
世間の不条理と自分の存在意義について考える。
どうして、なんのために、、、
そんなロックの成長劇。

なんだか要約しすぎたような・・・w
国語力ください。

ストーリーがおもしろいので、
あんまり難しいこと考えなくても見れるかと思います。



あー主題歌はI'veのMELLよりRed fraction
なんだか言っておかないと(ry
posted by 光る音 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。