2006年05月16日

第3話「長門有希」

ぱにぽに初回版が売れ残ってる夢を見ました。


ナビの光る音です。

とうとうやってきました・・・

いわゆるオレのターン。オレのフェーズ。

今から自問自答です。

あ、でも答えてるのはみんなと違って役の有希だからw

ホントに自分でやってるとさびしいorz


-Aパート


団の中では寡黙を守っているはずの有希。

しかしだ!


なんでか1番activityにしているのは自分であるような気がする・・・

ま、創設者だしね。

それでは・・・



Q.長門有希という役に選ばれて(?どんな心境ですか?

A.常時メガネっ子は私しかいなかったから・・・異論はない。



Q.最近読んでる本はなんですか?

A.オイディプス症候群と原作とTGについてきた「ななついろ☆ドロップス」・・・

DVC00030.JPG



Q.団員に向けて一言お願いします。

A.情報統合思念体が地球に置いているインターフェイスはわたし一人ではない。統合思念体の意識には積極時な動きを起こして情報の変動を観測しようとしている動きもある。あなた達は涼宮ハルヒ(R氏)にとっての鍵。危機がせまるとしたらまずあなた達。それは1ヶ月ほど前に惑星表面に類を見ない異常な情報フレア・・・一言じゃなかった。



Q.というかさっきから右手に持ってるのなんですか?

A.(無言で最小限の動きをしながらキーボードのうえにソレを置いた)

DVC00031.JPG


(´-`).。oO(スターリングインフェルノね・・・)


・・・製作者のS氏には感謝する。



・・・


-ED

明日は予定なし。

そろそろラストの団員に行くかどうかってとこ。


光る音の正直しんどい。


終劇。


-業務連絡

古泉君へ
2、3持っていきます。


出典:角川スニーカー文庫「涼宮ハルヒの憂鬱」p121、p125より引用
posted by 光る音 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 505団の野望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17902172

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。