2006年11月30日

2034,November,in sec9

11月も今日まで。
英語のタイトルも今日まで。

明日からは日本語で。



期末テストは初の無勉のうちに終わり、
明日からの返却にヒヤヒヤしてるところ。


光る音です。



061129_205442_M.jpg


11/24発売だったの忘れてた・・・

攻殻機動隊 Solide State SocietyのDVD。
約10k円ですから。特典がそーとー豪華と思えば・・・

すっごいブ厚い絵コンテ集がハローページの半分くらいのサイズでドーン。


・・・十分読み応えありました。




DVD見て知ったのですが。

何さ、攻殻×NISSANのコラボって!!
これこそですよ、「二次元×車社会」痛車だけじゃないんですね。いい勉強になりました。



具体的には、NISSANのコンセプトカーをトグサが乗ってるって感じなんですが。

その車はデザイン面で“スポーツ!”って感じを抑えられてあり、あーいう仕事(9課)とプライベート(家族)を掛け合わせているようなトグサらしさが出ている車でしたよ。



その他にもNISSANの北米会社INFINITYのコンセプトカー「クラーザ」が出てるそうで。

車自体はヤヴァイ系の人たちのいわゆる金融車っぽいのですが、
実にシーンにマッチしてましたよ。


詳細とか壁紙とかはこちら。
「攻殻機動隊 S.A.C. meets NISSAN」ってサイトでいろいろ紹介されてます。




車の話はさておき。

本編はどうなのかと言いますと。
(といってもネタバレしたくないのであたりさわりなく


時は2034年。

2ndGIGから2年後。

けっこう衝撃的なのが少佐が難民蜂起事件後に9課を脱退してた。
なんだかフリーランスっぽくて自分の主義を貫いている彼女にとっては、
縛られない環境というものに憧れたのかとか思っちゃたりです。

確かに1stで実質的に笑い男事件を引っ張っていたのは少佐だったし、
それに伴って課長も折れていたって感じでしたからね。


謎の自殺事件が起こってその根本をさぐると、
多くの誘拐事件の発覚、Solid State、そして傀儡廻(くぐつまわし)・・・って話です。



DVDレンタルも始まってるそうな。
攻殻ファンなら必見ですな。

posted by 光る音 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28628498

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。